WebSeo
長所と短所のワークアウト、多周波を毎年...
WebSeo
2019-10-28 13:54:14
WebSeo logo

Blog

それが動作した口調で「TRAINING?

見つけるのをしてみ

  • photo

カターニアでのあなたのパーソナルトレーナー

長所と短所のワークアウト、多周波を毎年
より、常にトレーニングプログラム中に使用されるプロトコルの異なる種類の議論を開きます。特に、すべての背後にあるパーソナルトレーニングと「の分野での仕事のことを考えるとカスタマイズ

ほとんど私の日を埋める質問の1つがある:それはワークアウト多周波を行う必要があります

は、実際には別の、より良いワークアウトプロトコルがあり、それは定期的に物理的な文化のそのパス中のトレーニング刺激の重要な変更である - 最高のトレーニングは、あなたが行っていないものです。筋肉が付き7 giornのスパンの中に数回刺激されるように大きい筋肉の成長を保証することをマルチe'quelloのビューの訓練の私のポイントで
成長の明らかなチャンス。
古典的で、筋肉は、すべての7-9日に1回に訓練されているため、発生しません単一の周波数を分割します。
明らかに、すべてのものに金で輝くすべてではないとして。マルチでの作業の利点と欠点がありelenci
:研修期間の初期段階で
1)増加の成長。利点の詳細図については、負荷
の必然的な増加と筋肉の協調の増加で最も重要な演習に取り組む
3)大規模な運動能力の
2)開発単一周波数でのトレーニング」のはただによる

彼らは専用のジムにいる時間のほとんどは、主に多関節演習を採用しているため欠損筋肉に集中する難しさ
オーバートレーニングを避けるためにプログラムする非常に特殊な方法のための潜在的な必要性がポイントではありませんただし、付属品はさらに、セッションを延長するための演習が含まれています。
あなたはあなたが私たちのFacebookのビジネスページからご連絡することを躊躇しないで、あなたの筋肉量を増加させることを助けることができる優れたトレーニング方法を探している場合。私は、私たちのトレーニングプログラムは喜びの喜びようが、私はあなたが実際に動作することで保証できることを明確にしたい。

ARTICOLI CORRELATI